読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Future In Blue

見切り発車。

【本】BOOKSCANで電子書籍化をお願いした話

読み終わった本をどうするかというのは結構な悩みです。

売ったり捨てたりという話もあるのですが、昔そうして処分した本をまた読みたくなって再度購入してから手放すのに慎重になってしまいました。

そこで候補に挙がるのが「電子化」なのですが、裁断機とスキャナを買ってもその分の場所はとるし、レンタルスペースを借りて済ませるほど少なくもないし…という感じでした。

そこで、電子書籍化サービスに頼んでみることにしました。

www.bookscan.co.jp

BOOKSCANにした理由

「スキャン後の本を溶解処理する」というのが一番大きいです。

こういう電子書籍化サービスは法律的には微妙な線というのもあるのでなるべくしっかりしてそうなところが安心かなと思いました。評判もよさそうでしたし。

また、家にある本を減らしたいのでスキャン後の本が戻ってくるとちょっと困りますし、学生時代の教科書も電子化しようと思っていたので書き込みや名前が書いてたりするのを(しないとは思いますが)再流通されても嫌だなぁと思いました。

なので、スキャン後の本を返して欲しい時は別のサービスが良いですね。

まずはプレミアム会員から

家の本はBOOKSCAN換算(1冊350ページ)で500冊分くらいあったので、最初は月50冊のプレミアムで、残り少なくなってきたら月10冊のプレミアムライトにしました。

プレミアムが月50冊で10265円(税込)となかなか踏み出すには良いお値段なのですが、無料会員でOCRやファイル名変更*1のオプションを全てつけた場合に比べると安いのと、無料会員だとスキャンまで1〜2ヶ月待ちみたいなのでそこまで待ってられないなぁと思って契約しました。

納品は到着日からだいたい1週間以内ですし、スキャンの質などサービスには満足しています。

また、北海道民的には送料込みダンボールがとてもありがたかったです。
発送用ダンボール(送料込・税込)が1箱1080円からで同じ大きさだと北海道から送料だけで1500円かかってしまうのでとても助かりました。
(4箱、12箱もあってまとめて買うともう少し安くなります)

ダンボールは50冊分以上入りそうな大きさで間を詰めるのに緩衝材を入れたくらいなので、1ヶ月に1箱で間に合うかと思います。

実際のスキャンではカバーからページを数えるのでどうしてもページ番号をあてにすると数が微妙に合わなかったりするので、少なめに発送して残り1〜2冊はレターパックで送ったりしていました。

私は50冊をオーバーしたことないので詳しいことはわからないのですが、追加料金を払うとスキャンしてもらえたり次月に回してもらえたりするようです。

そしてプレミアムライト会員へ移行

プレミアムライトはプレミアムを辞めると案内のメールが送られてくるという話をネットで見たくらいで、ホームページ等には明記されてなかったのでおそるおそるプレミアムを解約したのですが、きちんと案内がきて安心しました!

プレミアムライトは月10冊で3065円(税込)とだいぶ親しみやすいお値段になっています。

プレミアムとの違いは冊数と発送用ダンボールが買えないところです。

50冊でも余ってしまうので10冊なんていれたらスカスカになってしまうので買えなくても良いとは思うのですが、小さい大きさのダンボールを売ってもらえると助かるなぁと思いました。

プレミアム会員の時のPDFファイルも保管*2してくれるので、しばらくこれで続けていきたいです。

*1:ファイルに本の名前をつけてくれるので多くなるとお願いしたくなります

*2:無料だと3ヶ月まで保管